WASATCH SOFTRIP

高品質カラー

実稼動環境がどんなに大規模、複雑でも、SoftRIPは、ユーザーが完全に制御できるワークフロー・ツールを備えています. SoftRIPは、単一プリンタから複雑な複数デバイスの生産プラントまで、どんな印刷環境でも管理が可能です.

さらに優れた品質、さらに速く

SoftRIP は、階段状の跡を残さず、完璧にスムーズな傾斜を作り出します. Wasatchは、業界初の16ビットカラーパイプラインと当社のPrecision Stochastic Screens (PSS) ハーフトーンメソッドを使用して優れた画像品質を作り出すRIPのリーダーです. また、PSSは、Wasatchが独自に開発した効率的なアルゴリズムに基づいており、他のRIPメソッドより速く機能します.

Severe Banding Cured
Wasatch SoftRIP
Severe Banding
他のRIPソフトウェア

ユーザー・カラーを明確化

SoftRIPにより、複雑なICCカラーはとてもシンプルになります. マスター色変換スクリーンは、プロファイル、ハーフトーン、キャリブレーションの複雑さを解決し、ユーザーのカラーがファイルから印刷ページにどのように送信されるのかをきちんと表示します. 色変換によりSoftRIPのプロのカラーツールに簡単にアクセスでき、選択オプションを変更するときは、対話型のフローチャートに、ユーザーの色処理全体の効果が表示されます.

印刷前に情報を得る

Wasatchの高性能色域管理ツールにより、インクや媒体の無駄遣いを削減しながら、ユーザーが達成可能なお客様の期待を設定することができます. カラーをクリックして、3Dプロファイルビューアーを開始するだけで、出力装置と選択した媒介から利用可能な色域に対して設定された色を見ることができます. この色域を使って、お客様と色に関する問題を話し合い、希望する色域の特徴を持つプロファイルを選択します.

その場で色が一致

SoftRIPを使えば、どんなRIPでも設定可能な最新のスポットカラー機能が利用できます. RGB、CMYKまたはL*A*B* を使用して色調を指定するか、手のひらサイズの測色計で自動的にカラーサンプルを読み込ませて、頻繁に使用するスポットカラーをデータベース化します. オプションのカラーチャート生成プログラムを使用して、色合わせを次の段階に進め、希望する媒体で完全な色合わせが毎回達成されるようにします.

すぐに使える簡単なカラーツール

  • すぐに使える上質なカラーに設定不要の数千のイメージセットアップ
  • 標準デザインアプリケーションで調整を行う簡単カラー補正曲線
  • 現在のプロファイルで印刷不可能な色を警告する色域
  • 同一ジョブでSWOP(オフセット印刷標準規格)に一致する色を得るため、4種類の別々の入力カラー領域で色を制御
  • マスター色変換フローチャートで色がファイルから印刷ページに移動する様子をユーザーに表示

上級ユーザー向けの洗練されたカラーマネージメント

  • RGBとCMYK の専門入力プロファイルが豊富な濃度範囲と鮮やかなカラーを作成
  • 低品質のインク定着でも色域とプロファイル媒体を最大化する新規インテリジェントインク制限
  • Precision Stochastic Screens ハーフトーンメソッドがスムーズな傾斜と迅速なRIPスピードにより高品質出力を提供
  • 16ビットのレンダリングが、どんな複雑な高品位出力カラーでも再現
  • DCS2装備のSeparation Proofでトラッピングを表示
  • 手のひらサイズの測色計で読み込まれる色を印刷する、スポットカラーキャプチャー搭載インデックスカラーとスポットカラー向け高度ツール
  • ホワイトインクのアンダーレイ、オーバーレイ、スポットカラーの置き換えでは、着色サポートなし

当社製品の詳細情報



ご敬称
お名前*
ご使用のプリンター*
E-mailアドレス*
電話番号
御社名
都道府県*
国名*

SoftRIPを既にご使用中ですか?* はい いいえ

コメント:
(ご使用中の方はシリアルナンバーをご記入下さい)   

* 入力必須フィールド





ホーム | 製品 | ソリューション | サポート | ダウンロード | ラーニング